グルメ

釣りバカがオススメする新鮮なサワラの美味しい食べ方

サワラを釣った来た!と自慢したいのだが、

今回は、釣りたてのサワラを頂いた。

これまで新鮮なサワラをたくさん食べてきたが、

一番美味しい!と思う食べ方は?

それはズバリ、「サワラの炙り」である

 

サワラは魚に春と書いて、鰆

 

さわらは回遊魚のため、旬は地域によって異なる。
晩春から初夏にかけて、産卵のため瀬戸内海に大量に押し寄せる。この時期、土佐から岡山などでは古来より魚卵や白子と共に食されてきたため、春が旬とされる。
いっぽう、関東などでは、産卵期前の脂ののった「寒鰆」に人気があり、12~2月にかけての冬が旬。

 

サワラを好んで食べる岡山県では春が旬

なので、魚へんに春と書くのだろうか?

 

 

さて、サワラは淡泊でありながら、ほろりとした甘みがあり

くせがない。

そのため照り焼き、西京焼き、幽閉焼き、バター醤油焼き、

煮付け、竜田揚げなどどのように食べても美味しい魚である。

 

 

 

でもやはり一番旨いのは、「サワラの炙り」である

サワラに限らず、皮と身の間にある脂がとても美味しい。

刺身にすると、その美味しい脂をとってしまうので

非常にもったいない。

 

 

モチロン、刺身は刺身で美味しいんだけど

魚の持つ美味しさを100%堪能するならば

皮と身の間にある脂を食すること。

そしてこの脂の部分は、皮目をバーナーで炙ることによって

香ばしく、そして脂の旨味が引き立つ

 

炙るのはこいつで

 

 

食べ方は醤油にわさび、ショウガなどお好みでどうぞ!

 

 

ちなみに、刺身で食べられるような新鮮なサワラは

スーパーでは手に入らない。(岡山なら売っている)

自分で釣ってくるか、魚の美味しい料理屋さんで

食べてみてほしい

きっとバターのような旨味に驚くであろう!

 

 

 

バーナーはホームセンターに売ってるよ

-グルメ

Copyright© おっさんは自由気ままな夢追い人 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.