映画・舞台

ボヘミアン・ラプソディはQueenというバンドのドラマチックさを、映画の良さと勘違いしてしまう映画

ボヘミアン・ラプソディを観てきた

 

 

 

タイトルではたいしたことのない映画の様に書いたが、

QueenファンもQueenを知らない人もぜひ観に行ってほしい


あらすじは

「伝説のチャンピオン」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」といった数々の名曲で知られるロックバンド、クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーの伝記ドラマ。華々しい軌跡の裏の知られざる真実を映す。

 

特にQueenファンではないけど、Queenの曲には

心揺さぶられるものがある

  • 勇気が湧いてくるような曲
  • テンションが上がってくるような曲
  • 切なくなってくるような曲
  • 嬉しくて踊り出したくなってくるような曲
  • 心が暖かくなってくるような曲

 

U-NEXT

 

 

 

ロックバンドというより、ミュージカル劇団のような感じ

観る者を惹きつけて、一緒に参加させてしまう

そして最後には魅了させてしまう。

演奏、歌唱力、パフォーマンスがすべて飛び抜けている

スーパーバンドだね!

 

 

そんなQueenのデビューから、フレディが亡くなるまでを

描いているのだから、惹きつけられない訳がない

 

 

だから良い映画を観た、というよりも

伝説のバンドQueenは、やっぱり飛び抜けているな!!

が、正直な感想かな

 

 

 

でもええとこあげるなら、そんな伝説のバンドを、

及第点が与えられるほど表現できたことは良かったと思うよ!

 

 

栄光と挫折

信頼と裏切り

別離と赦し

さまざまな人間模様をQueenの音楽と共に観られるのは

ひとつのミュージカルを観ているようだった

 

U-NEXT 

 

 

 

最後に、Queenのアルバムは一枚も持っていないけど

ほとんどが、耳に染みついたように感じる曲だった

それはCMやテーマソングなどでどれだけ聞いていたかを

物語っているんだろう

しかし、「ドント・ストップ・ミー・ナウ」が

Queenだったなんて今までしらなんだw

 

 

映画みたら、アルバムが欲しくなってしまった・・・(^_^;)

-映画・舞台

Copyright© おっさんは自由気ままな夢追い人 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.