ヴィパッサナー瞑想

ヴィパッサナー瞑想10日間コース体験記 その拾

10日間のコースを終えることができた。

コース最初に

「これは苦悩を根絶するための心の大手術です」

と説明され、そんなことできるの?

と思ったが、その意味がよくわかった。


10日間のコースを終えることができた。

コース最初に

「これは苦悩を根絶するための心の大手術です」

と説明され、そんなことできるの?

と思ったが、その意味がよくわかった。


なぜ呼吸を観察したり、

身体の表面全体を観察したりすることが

そのようなことにつながるのか

よくわからないが

想像を遙かに超える

深い瞑想法であった。


もちろん10日間では、悟りはひらけないが

悟りをひらくための道筋と

その修行方法を教えてもらえるよ!


コース前と比べて変わったとな、思えるところは

  • 雑念やイライラがわいてくると、それに気づき、歯止めがかかるようになった。
  • いまここにいる時間が長くなった。
  • 集中力が増した。
  • 心が平静になった気がする。
  • お酒を飲む量が少なくなった。 なぜそうなったのかは不明・・・(w


これまで自己啓発系が好きで

いろいろやってみたが、

ヴィパッサナー瞑想を身につければ

もう完璧!

他のことは必要なし!

と、思えた。  

もちろん努力(修行)しなければならないが・・・



心に起こる嫌悪や渇望を

抑制するのではなく

ただ客観的に観察すると

自然に消滅していく

という自然の法則も知ることができた。


抑制すると一時は収まったようにみえるが

何かの拍子に爆発してしまう

ただ、客観的に観察していれば

いずれ消えていくことも体感した



同僚の自分勝手な態度が許せないからムカつく

上司の傲慢な態度が許せない

顧客の横柄な態度が許せない

社員のやる気のなさが許せない


などと、外部に反応して自らを苦しめることなく

心を統御して、決して心の奴隷にならない

心の奴隷にならずに、心の主人となる

そんな風になりたいなぁ~ (^^)


講話のなかで

あるときブッダは、真の幸福、最上の幸福とは何か、と問われれてこのように答えたそうです

「まことの幸福、最上の幸福とは、人生の浮き沈みにあっても、どのような状況にあっても心が乱れないこと、静かな心でいられることである」と。

楽しいときもあれば、

痛みを伴うときもあるし、

勝つときもあれば、

負けるときもあるでしょう。

利益を得ることもあれば、

失うこともあるでしょう。

名声を博する こともあれば、

悪名を流されることもあるでしょう。

それが人の世の常です。

どんな状況 においても、微笑むことができるならば、

本当に、心の底から微笑むことができるならば、

心の奥深くに静けさがあるならば、

そのような人は、真に幸福な人です。 



ヴィパッサナー瞑想体験記は、これでおしまいですが

なにかあれば、書きます。

また、この体験記はあくまでも個人的なものなので、

あなたが受講したら、また違ったものになるでしょう。

おわり

合宿に先立ち、ブッダを知ろうと小説を購入した。< /span>

かなりのボリュームだったが

まるで、ブッタの横で、ブッタの清らかな人間性を感じられるような

素晴らしい良書でした。

いにしえの道、白い雲ティクナットハン 春秋社

-ヴィパッサナー瞑想

Copyright© おっさんは自由気ままな夢追い人 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.