ヴィパッサナー瞑想

ヴィパッサナー瞑想10日間コース体験記 その九

10日目の朝に、聖なる沈黙がとかれた

コースの終了と解散は

11日目の朝、掃除を済ませてから

となっている。

沈黙がとかれ、明日までの時間は

一般社会へ適応するじゅんび時間だと教えられた。


10日目の朝に、聖なる沈黙がとかれた

コースの終了と解散は

11日目の朝、掃除を済ませてから

となっている。

沈黙がとかれ、明日までの時間は

一般社会へ適応するじゅんび時間だと教えられた。


いきなり、一般社会に入り込んでしまうと

うまく適応できないとのことであった。


12回参加の人によると、

昔はじゅんび時間がなく、

いきなり解散だった。

そうすると、どうなるかというと、


車の運転を恐怖に感じて、

メーターをみると30kmもでてなかったり、

ひと混みにはいると、恐怖を感じたり、

ジャンクフードを食べると、もどしてしまったり・・・

など、スムーズに溶け込めなかった

と教えてもらった。



さて、聖なる沈黙のあとは

がらっと雰囲気も緩くなり

お昼はインド風カレーが出された

もちろんベジタリアンカレーなんだが

ひじょうに美味しく感じる

そして、こころも緩んだのか

たくさん食べてしまった・・・


さて、11日目は

朝の瞑想と食事の後

センターの掃除をして解散である


バス停までの車の中で

そとの景色をみると

とても不思議な感じがした。

いままで隔離されていたので

なんか、別の世界に紛れ込んだ

気がした。


そして、バスに乗りJRを乗り継ぎ

帰ってきたのだが

時々、気持ち悪くなってしまう

これが、人に酔うという状態なのか?


お昼過ぎにアパートへたどり着いたときは

フラフラであった(w

夕方までダウンしていた


夕食もあっさりとしたものしか

食べられなかったし、

おそるおそる、お酒を口にしたが

「美味しくない」と感じた。


つづく


-ヴィパッサナー瞑想

Copyright© おっさんは自由気ままな夢追い人 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.