healthy

ガリガリの筋トレ初心者は、まず自宅で「みんなで筋肉体操」から始めるのがオススメ

腕がマッチ棒みたいで、胸が洗濯板だから

筋トレをして鍛えた体になりたい。

それならスポーツクラブに入会するのがいいのかな?

ともし悩んでいるなら、

「ちょっとまて」と

言ってあげたい。

 

まず、スポーツクラブに入会するには

・入会費用や月額費用がかかる

・恥ずかしくない程度のウエアやシューズが必要になる

・通い時間などの時間的問題

が必要になってくる。

 

 

なかには初期投資をしないとモチベーションが保てない

という考えもあるが、

やがてその、元をとらなければならない、

という義務感が、どんどん膨らみ

ストレスとなってくる。

 

 

そうすると、徐々に足が遠のき

いつの間にか、幽霊会員になっている。

(個人的には、スポーツクラブとは幽霊会員で成り立つビジネスモデルではないか?と思っている)

 

 

 

また、たとえ家から15分で行けたとしても

往復で30分

着替えに5分

運動後のシャワーに15分

あわせて、実際の運動+50分程度の時間が消えてしまう。

 

 

 

そして、腕がマッチ棒みたいで、胸が洗濯板であれば

挙げられるバーベルの重量も、

笑えるほど軽いものから始めないと

トレーニングにならない。

なので、筋トレを本格的に始めようと考えているなら

まずは自宅で

「みんなで筋肉体操」

から始めることをオススメする。

 

みんなで筋肉体操「腕立て」

厚い胸板をつくる

 

みんなで筋肉体操「腹筋」

凹凸ある腹筋をつくる

 

みんなで筋肉体操「スクワット」

強靱な足腰をつくる

 

みんなで筋肉体操「背筋」

語れる男の背中をつくる

 

 

 

 

元来、マッチョで力も強い方だったんだけど

7ヶ月ほど引きこもっていたら、恐ろしい位に

体力・筋力が衰えてることに気がついた。

これはなんとかしければマズい、と一念発起して

鍛え始めた。

 

 

そのキッカケとなったのは、NHKのシュールな筋トレ番組。

「みんなで筋肉体操」というその番組は、深夜に5分だけ

放送されていた。

 

 

さらに登場人物の顔ぶれが、意表をつく面々であった。

指導者 谷本 道哉 准教授

 

 

俳優 武田真治

 

 

弁護士 小林航太

 

庭師  村雨 辰剛

 

俳優や大学講師までは、わかるが

法律に関係ないのに、弁護士

園芸でもないのに、庭師

しかもスウェーデン人から日本に帰化したらしい・・・

 

 

うーん、謎、謎すぎる番組

 

そして、”筋肉は裏切らない”という

謎のスローガンも飛び出す、まったくもって不思議な番組であった。

 

 

全4回だったようである

 

 

この「みんなで筋肉体操」を

二日に一度やってみた!

(筋トレは毎日するものではなく、一週間に2-3回が適切らしい)

 

 

 

初日は腕立てが5回ほどしか出来ないし

頭の血管が切れそうになる・・・

腹筋やスクワット、背筋はなんとか出来るが

腕立てだけがまともにできない

 

 

 

二日に一度、「みんなで筋肉体操」をし終わると

カレンダーに”キ”とチェックを入れていった

 

 

 

やがて2週間ほどすると、腕立ての回数が

グングンと増えた。

そして、どんどんと楽しくなってきた!

 

 

 

やはり筋力のアップ具合が、

「数字」という明確な形で上昇していくと

嬉しいよね!

 

 

 

あまりにも楽しいので、「みんなで筋肉体操」で

物足りなくなるまで、続けてみることにする

 

 

しかし、短期間で結果を出したいというならやっぱりプロに頼ろう!

ライザップ

 

-healthy

Copyright© おっさんは自由気ままな夢追い人 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.