観光・イベント

野村萬斎さんの狂言を初めてみてハマってしまった!

狂言をどんなものかも知らずに、観劇してきました・・・


はじめての人にもわかるように、萬斎さんがやくそく事をジョークを交えながら、あの渋い声でレクチャーしてくれたんです


佐渡狐が終わり、次に萬斎さんが山伏を演じる、蝸牛(かぎゅう)がスタート


あらすじは、主人が祖父のために長寿の薬となる蝸牛(カタツムリ)をとってこいと、使用人に命じる

蝸牛がどんなものか知らない使用人は、頭は黒くて腰には貝をつけ、時々は角をだし、大きいものは人間並みだと教わった


藪にくると山伏が寝ていて、その姿をみた使用人は蝸牛と思い込み、連れて帰ろうとする。


山伏はおもしろがって蝸牛になりすまし、

「雨も風も吹かぬに出ざ釜打ち割ろう」

「でんでんむしむし」と囃させ、二人で浮かれていると、迎えに来た主人はびっくり・・・

kyougen


むかしの笑い話が今でもオモシロイのか?と疑っていましたが、、、


終わってからサビの呪文を何度も口ずさんでいました(^^)


ストーリーだけを文字で観たら、そこまでオモシロイと思わないかもしれないけど、

歌、舞、語りで演じられると、もうタマランって感じです

そして、佐渡狐でも演者の声の通り方に関心させられたんだけど、

萬斎さんは別格でした、こころ揺さぶられました!


腹の底から発せられる、ビブラートの効いた、低くシブい声!


まるでそこに修行帰りの山伏がいる情景が目に浮かぶような演技!


まさに全身全霊、イタズラ好きの山伏になりきってる演技に感動デス!


そして、現代でも起こりそうな話だからなおさら面白い!


狂言を、おもいっきりオススメしまっす!

-観光・イベント

Copyright© おっさんは自由気ままな夢追い人 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.